1. >
  2. 海外在住の主婦には手放せない

海外在住の主婦には手放せない

海外在住者にとって、電子書籍は、日本の書籍を読むのにとても便利です。

本を取り寄せる手間が省け、24時間、いつでもどこでも読めるので、重宝します。

とにかく車移動が多いのですが、子供のお迎え時、病院や習い事などでの、ちょっとした待ち時間など、寄せ集めると結構な時間があるものです。そういった合間の時間に、電子書籍でちょっとずつ読んだりしています。

ただし難点もあります。

ものによって、ダウンロードが必要なものや、ページ数が多いものは、Wi-Fiがある場所でないと、データ通信だけで書籍を上回る金額になったりします。

前払いポイント制などで、気に入った本をすぐ、簡単に購入できるシステムは、支払っている感覚がなく、気づけば思った以上の金額を使っていることもあります。

それでも、豊富な商品ラインナップと手軽さが魅力で、手放せません。

電子と現物の使い分けが大切!

今の時代、ネットでも簡単に買い物ができるので物がどんどん増えていってしまいます。

しかし、電子書籍を利用することでスマホ一代でたくさんの漫画が読めてしまうので外出時に読むときも荷物にならず、とても便利です。家でも本のスペースを準備する必要もないですし、たくさんの本を簡単に読むことができます。

しかし、子供には電子書籍ではなく実際に紙に触れて読ませたいと思います。ブルーライトなども心配ですし、スマホ依存になってしまう気がするからです。

やはり、現物を持ったほうが愛着が湧いたり、お気に入りの一冊は見つかると思います。

電子書籍と実際の本との使い分けが大切だと思います。

どちらか一方に偏らず、両方の良いところを活用していきたいです。

形ある活字とともに

電子書籍は出始めの頃、携帯会社のキャンペーンで利用したことが一度あるきりですが、私は電子書籍よりもやはり雑誌や書籍、新聞などちゃんと形がある活字が好きです。確かに何処でも好きな時間にかさばらずに読める利点も多くあるでしょうが、何故か心が満たされないのです。単行本の帯のコメント、単行本のデザイン、厚みなど内容に入り込む前のわくわくとした楽しい気持ちは電子書籍では到底味わえません。新聞の記事にしてもあの独特な新聞くさい匂いや朝早く配達されてきた時のお楽しみ感、各紙ごとに違う社説やトップの記事の違いなど毎日楽しみで仕方ありません。なので、この便利でお手軽になった今でも私は形ある活字が大好きです。