1. >
  2. 初めての電子書籍

初めての電子書籍

最初、電子書籍を購入するという事は、自分にとって抵抗のある事だった。それは、読書が趣味の自分にとって、本を読むならやっぱり紙が一番で、チカチカ光る小さい画面で本なんか読めるか!という大きな固定観念があったからだ。

それが覆ったのが、友人が持っていたKindleをみせてもらった時だ。バックライトを使用しない柔らかい光のライトは目に優しく、携帯の眩しい画面を想像していた自分はとても驚いた。充電も携帯に比べてはるかに長持ちで、鞄に入れっぱなしでも読みたい時に充電切れということが少ないのも魅力に感じた。しかし、何といっても良かったのが、画面の質感だ。自然な色合いで、本当にインクで文字が書いてあるかのような感覚だった。そしてその読み心地は、本のそれとほとんど変わらないものだった。

何冊もの本をいつでも持ち歩け、紙と変わらぬクオリティで読める。それが分かった自分は、すぐにKindleの注文をし、めでたく電子書籍ライフを始めたのだった。

電子書籍の素晴らしさ

Kingleで、漫画や小説を読んでいます。電子書籍の方が紙媒体より、どこでも気軽に読むことが可能な点を気に入っています。

電車などの移動の際、ふと読みたくなった時にいつでも簡単に読むことが可能であり、荷物が増えることもなく携帯のKingleのアプリで隙間時間に読んでいます。さらに電子書籍はたまにセールなどを行っているため、古本などの人が読んだ後の本でなくても、綺麗で安い本や漫画を買うことができます。

また、しおり機能や文字を大きくすることができたり、気になる文章に線を引くことなども可能で、普通に本を読むのとまったく変わらない状態で読書が楽しめます。

むしろ本より電子書籍の方が、気になる本をその場ですぐ買うことができたり上述したような利点も多くあるので、より優れていると私は感じていますし、今後も電子書籍で本や漫画を読んでいくつもりです。

さらに電子書籍が普及し、人々が気軽に読書を楽しめるようになればいいなと思っています。